人狼ジャッジメント攻略ブログ

人狼ジャッジメントに準じたルールでの人狼の攻略方法を書いていきます

タグ:CO

霊能者は昨日処刑した人間が人狼だったのかどうかを知ることが出来ます。
人狼に襲われた人間については結果を見ることが出来ません。

・いつ霊能者COするか?
霊能者にとって一番難しい問題です。
霊能者のCOタイミングとして考えられるのは以下の3つです。
1.初日
2.二日目
3.黒が出た時

それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

・初日CO
メリット:最初からグレーの数が減る。霊能乗っ取りされない。白確定として振る舞える
デメリット:初日から死亡するリスクが高まる。

人狼ジャッジメント以外ではポピュラーな初日CO。
ですが、人狼ジャッジメント内では、初日COはダメだという風潮があります。
この風潮は間違っていますが、トラブルを起こしたくない場合は初日COを避けるのも手です。
実際には占い師が二人の場合、霊能が初日COして進行を司会していくのは有効だと思います。

・二日目CO

メリット:二日目からグレーを減らせる。
デメリット:初日に死ぬと霊能乗っ取りされるリスク有(可能性は低め)

ほぼ初日に襲撃されることはないだろうと考え、二日目にCOするタイプです。
割とバランスがとれたメリットとデメリットです。

・黒が出たらCO
メリット:潜伏することで霊能として襲撃されづらい
デメリット:乗っ取りされやすい。本物か分かりづらい

こちらは人狼が二人の場合に考えても良いCOタイミングです。
人狼が二人の場合、一人が死んだ時点で霊能者はもう黒を出すことがなくなります。
そのため、仕事を終えた霊能としてCOし、グレー範囲を狭めます。
周囲からすると「本物の霊能は既に死んでいるのでは?」という疑惑もあるため、ややリスキーでもあります。


以上、3つのCOタイミングについて考察しました。
霊能COタイミングとして「こうしなければならない」というものはありません。
他の霊能者のCOタイミングにケチをつけないようにしましょう。
全てにメリットとデメリットがあります。

人狼ゲームにおける人狼の役割と動き方について今日は書きます。
毎夜人間を襲撃していき、人間の数が人狼以下になると人狼の勝ちです。
「以下」のため、人間と人狼が同数でも人狼側の勝ちになります。

・占いCOする?潜伏する?
まず初日で一番悩むのは占いCOするかどうかでしょう。
確実に言えるのは、狂人が占いCOしない場合は人狼が占いCOするべきだということです。
狂人が占いCOして占い師が二人の場合、人狼はとりあえず潜伏していいでしょう。
占い師が一人という状況だけは避けなければなりません。

・どっちが本当の占い師?
人狼から見て、二人占い師がいる場合はどっちが味方の狂人でどっちが真占い師か判別はつくのでしょうか?
狂人は「人狼に対して白を出した占い師」「人狼以外へ黒を出した占い師」になります。
それと違う方が真占い師です。真占い師が分かってもすぐに噛んでしまうと占い結果から人狼が怪しまれるので、いつ真占い師を噛むか悩みどころですね。
先に狂人から噛んだり、初日から適当に噛むなどの荒業も一応あります。

・PPして市民を無理やり制圧する
PPとはパワープレイの略です。
この記事の最初で、「
人間の数が人狼以下になると人狼の勝ち」と書きましたが、人間が人狼より多くても勝てるケースがあります。
例えば、生存者5人の場合、村村狂狼狼だとしましょう。
この状況で狂人が狂人COします。すると狼から市民が二人なのが分かります。
ここで狼側もCOします
処刑対象は多数決で決まるため、村側の誰かを指定し、狼狼狂の3票を市民側へいれることで勝てます。

これは偶数の村村狂狼の場合でもぎりぎり成り立ちます。
人狼の貴方が処刑寸前になった場合、「狂人COしてください!」とCOを促します。
狂人がCOしてきた場合、村の誰かを指定して人狼と狂人の二票を投じます。
この場合、あなたに二票入っていてもランダム処刑となり、50%の確率で勝てます。
こういったランダム要素のあるPPをRPPと呼ぶことがあります。

↑このページのトップヘ