人狼ジャッジメント攻略ブログ

人狼ジャッジメントに準じたルールでの人狼の攻略方法を書いていきます

タグ:人柱

人狼ジャッジメントの初期設定では9人編成がマイルールとして設定されています。
その都合もあり、初心者の方は9人編成でやることが多いのではないでしょうか?
この記事では9人編成のプレイについて、特に人柱について考察していきます。


・市民陣営を二日連続で吊ると負ける
まず意識しなければならないのはこれです。
人狼では処刑と襲撃によって1日に2人のプレイヤーが死んでいきます
2日で4人のプレイヤーが死亡し、生存者は5名となります。
生存者5名の内、狂人を含めた人狼陣営が3人になると、PPが成立し市民は敗北します。

※PP(パワープレイ):狂人が狂人COし、人狼陣営側の過半数投票によって市民が処刑されること


・人柱をした場合、敗北率は非常に高い
人狼ジャッジメントで多い人柱プレイ。
役職者を吊らないメリットがあるとされています。
ですがデメリットとして、人柱をした時、人狼を吊れるチャンスは一度きりになります。
二日目で占い師が黒を見つけだせる確率はどの程度でしょうか?
初日ランダム白設定の場合、自身と確定白と処刑済みを除いた二日目の6人の中から二人の人狼を見つけ出す必要があります。
単純に考えて、二日目で黒を見つけ出せるのは1/3の確率です。
そして、黒を見つけ出したとして、それが真占いによるものか、狂人占いによるものか、人狼占いによるものか市民には判断出来ません
また、グレーから吊る場合、偽占い師が人狼二人に対して既に白を出していたならば、人狼を吊れる確率は0になります。
このように人柱COは手段と目的が逆転した手法です。
人狼を吊るために役職者がいるのに、人狼を吊るより役職者を守ることが目的になった手法といえるでしょう。

・人柱進行で人狼が勝てる方法
人柱プレイの場合、人狼陣営は次のように振る舞うとほぼ必ず勝てます。
初日 :人狼が占いCOする。片方の人狼に白を出す
二日目:適当な市民に黒を出す。
三日目:狂人が狂人COしてPPで人狼勝利。

狩人GJの場合はもう一度適当な黒出しをします。


以上、9人編成の人柱についてでした。
役職者を守ることが目的になっていないか、一度考え直すべきだと思います。

皆さんこんにちは!
今日は人狼における市民の役割と仕事を紹介します。

市民は市民陣営における平社員ですが、ある種人狼の主役として推理をおこなっていくポジションです。
間違っても「市民なので人柱します」なんて利敵行為しないでください!
人狼ジャッジメント内においてこのような「人柱」の流れがありますが、完全に誤った情報です。


・誰が人狼か積極的に推理していく
市民の一番の仕事がこれです。
多弁気味に狼にとって脅威となるよう推理をしていきましょう。
狼があなたを脅威だと認識すれば、あなたを噛みにくるはずです。
それによって狩人が噛まれることを防ぐことができます。
特に「饒舌な人狼」がいる場合はキーワードとなるような単語を喋っている人間がいないか?などを注意深く見ていきましょう。

・場を動かしていく
積極的に場を動かしていきましょう。
寡黙な人間がいれば指摘し、矛盾した発言があれば真意を問いただします。
誰がグレーで、誰が白確定か常に把握し、場をまとめていきましょう。
それで人狼から襲われればしめたものです。

・人柱は基本的にしない!
上でも書いていますが、市民にとって一番やってはいけないことは「人柱」です。
狼を吊るせる可能性がなくなります。
役職者吊ったらどうするの?と言ってくる人がいますが、そもそも吊られるような役職者は無能です。
吊り指定されたらCOして別に変えて終わりです。

スタンダードな9人の編成では二回吊って生存者が5人になると、狂人も人狼も吊れてない場合は負けになります。
人柱がいる場合、二回目で白に黒だしするだけで人狼側の勝利となり、このように人柱がいる場合ほぼ勝てません。

以上、市民の役割についてでした。


↑このページのトップヘ