人狼ジャッジメント攻略ブログ

人狼ジャッジメントに準じたルールでの人狼の攻略方法を書いていきます

カテゴリ: 役職別攻略

霊能者は昨日処刑した人間が人狼だったのかどうかを知ることが出来ます。
人狼に襲われた人間については結果を見ることが出来ません。

・いつ霊能者COするか?
霊能者にとって一番難しい問題です。
霊能者のCOタイミングとして考えられるのは以下の3つです。
1.初日
2.二日目
3.黒が出た時

それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

・初日CO
メリット:最初からグレーの数が減る。霊能乗っ取りされない。白確定として振る舞える
デメリット:初日から死亡するリスクが高まる。

人狼ジャッジメント以外ではポピュラーな初日CO。
ですが、人狼ジャッジメント内では、初日COはダメだという風潮があります。
この風潮は間違っていますが、トラブルを起こしたくない場合は初日COを避けるのも手です。
実際には占い師が二人の場合、霊能が初日COして進行を司会していくのは有効だと思います。

・二日目CO

メリット:二日目からグレーを減らせる。
デメリット:初日に死ぬと霊能乗っ取りされるリスク有(可能性は低め)

ほぼ初日に襲撃されることはないだろうと考え、二日目にCOするタイプです。
割とバランスがとれたメリットとデメリットです。

・黒が出たらCO
メリット:潜伏することで霊能として襲撃されづらい
デメリット:乗っ取りされやすい。本物か分かりづらい

こちらは人狼が二人の場合に考えても良いCOタイミングです。
人狼が二人の場合、一人が死んだ時点で霊能者はもう黒を出すことがなくなります。
そのため、仕事を終えた霊能としてCOし、グレー範囲を狭めます。
周囲からすると「本物の霊能は既に死んでいるのでは?」という疑惑もあるため、ややリスキーでもあります。


以上、3つのCOタイミングについて考察しました。
霊能COタイミングとして「こうしなければならない」というものはありません。
他の霊能者のCOタイミングにケチをつけないようにしましょう。
全てにメリットとデメリットがあります。

占い師は市民陣営でもっとも重要な役職です。
毎晩、一人を占ってその人が人狼かどうか判別することができます。
また、妖狐を占うと呪殺することが出来ます。

・占いCOする
とりあえず占いCOして、自分が占い師であると伝えましょう。
そして、誰を占って、どういった結果だったかを伝えます。
一般的に人狼であることを「黒」人狼でないことを「白」として表現します。
例:リリアンを占って人狼だった場合⇒「リリアン黒」

・自分が占い師なのに、もう一人占い師がでてきた!
あなたの他にもう一人対抗として占い師が出てくることがあります。
その自称占い師は人狼か狂人ですが、ほぼ高確率で狂人です。
市民からするとどちらが本物か分からないため、あなたも「偽物かも?」と思われています。
市民から信頼してもらえるよう、変なことを言わないように言動に気を付けましょう。

・誰を占う?
誰を占っても自由ですが、占わない方が良い人間がいます。
それは対抗占いと、対抗占いに占われている人間です。
対抗占いはほぼ狂人のため、占っても白しか出ません。
市民か人狼か分からないグレーの範囲を占っていき、その中から人狼を見つけ出していきましょう。

・どうやったら自分が真占い師だと思ってもらえる?
あなたが黒を見つけ出し、それを霊能が黒だったと保証してくれたらあなたが真占い師だと証明されます。
あるいは、対抗占い師が黒を出し、その霊能結果が白だった場合もあなた真占い師だと証明されます。
どちらにせよ、占い結果に黒が出ないと証明は難しくなります。


以上、占い師についてでした。
占い師は人狼を見つけ出せないとプレッシャーになりますが、怪しい人間を探せる楽しい役職です。
占い師になった場合も落ち着いて楽しんでくださいね。

市民側を守る重要なポジション、それが狩人です。
狩人は守りたい人間を一人選び、人狼の襲撃から守ることができます。
狩人の選んだ人間と人狼の選んだ人間が一致した場合、その夜の被害者は出ません。

・吊られないようにする
もっとも重要なことです。
狩人はせめて襲撃されて死ぬべきで、市民から疑われて吊られてはいけません。
寡黙吊りされないよう、適度に発言をしましょう。
また、あまりにも鋭い発言をすると人狼から脅威とみなされて噛まれる場合があります。
そこそこの発言量で目立たないようにするとよいでしょう。

・誰を守るべきか?
ケースバイケースとなりますが、以下の場合はほぼ守るべき相手は一人です。
1.占い師が一人の場合 ⇒ 必ず占い師を守る。
2.生存している役職者が一人の場合 ⇒ 必ず役職者を守る。

占い師が二人いる場合は、信頼できそうな片方を守るとよいでしょう。
また、パン屋や双子などの役職がCOしている場合、白確定のそれらを守るのも有効です。

・吊られそう。狩人COするべき?
自分が吊られそうな時、狩人COするべきでしょうか?
答えは黙って死ぬか、狩人COして吊り先を変えてもらうかの二択ですがどちらも一長一短です。
黙って死ぬ場合、人狼は狩人が生きているものとして襲撃先を決めるため、
占い師などが襲撃されるリスクが減ります。
狩人COした場合、人狼吊りの可能性がでてきて、その夜は狩人が襲撃されるため、他役職者の生存が保証されます。

最悪なのは狩人COした上で吊られることです。
吊り指定されたのが投票時間ギリギリなら黙って死ぬとよいでしょう。

こんにちは、今日は人狼の狂人・狂信者の役割・動き方・セオリーについて書いていきたいと思います。
狂人・狂信者とは、占い結果などが市民(白)と出るのに、人狼陣営が勝つことで勝利する役職です。

まず、狂人・狂信者の違いですが、狂人は人狼が誰か知りません。
逆に狂信者は人狼が誰か知っています。
このため、狂信者の方が人狼側として強めの能力を持っています。
このように能力に多少の差はありますが、狂人も狂信者も動き方はほぼ同じです。
では基本的な動き方について書いていきます。

・嘘のCOでかき回す
狂人・狂信者は積極的に嘘をついていきます。
一番市民を混乱させる嘘は占い師CO霊能者COすることです。
特に9人制のスタンダードな編成の場合、占い師COが有効です。
占い師が二人登場することによって、真占い師の占い結果にも疑いが生まれることになります。
適当に毎日白の結果を出して良くのが一番簡単ですが、適当に黒を出して市民を吊らせるのも有効です。
黒を出す場合、狂信者の場合は確実に市民に黒を出せますが、狂人の場合は人狼に黒を出してしまう場合があるので注意をしてください。
人狼に黒出しすると人狼陣営からも人間陣営からも真占い師とみられ、さらなる混乱を引き起こす場合もありますが、初心者の内はやらない方が良いでしょう。

・占いCOする場合、初日占い設定を確認する
人狼ジャッジメントでは初日の占い設定として以下の3つがあります。
1.初日占いあり・・・初日から占い師が好きな相手を占える。
2.初日ランダム白・・・初日に占い師はランダムな市民側を占い、それが白であることを知る。
3.初日占いなし・・・初日は占えない。

上記の設定に準じた占い結果を出さないと一発で偽物とばれます。
例えば、初日ランダム白の設定なのに初日から黒を出すと絶対に偽物だとバレてしまいます。
必ず設定を確認しましょう。
設定はアプリ下の「ルールボタン」から見れます。

・PP出来る場合、狂信者COする
狂信者の場合、確実に人狼が誰か分かるためPP可能なタイミングでPP出来ます。
その際、誰が人狼か口にすると良いでしょう。
そして、投票先を指定するだけで勝てます。

※PP(パワープレイ)とは・・・狂人や狂信を含めた人狼陣営が全体の過半数を占めており、
 人狼陣営の投票で村人を処刑出来る状態
 例えば、生存者5名で人狼2人と狂信1人が生存していたら人狼陣営の3票で村人を処刑できる

・基本的に潜伏はしない
なにかしらの役職をCOし、場を乱しましょう。
潜伏狂人は絶対にダメという訳ではないですが、初心者の内は仕事できないことが多いです。
無難な動きとしてなにかしらの占いや霊能などのCOをしていきましょう。

以上、狂人・狂信者のセオリーについて書きました。
狂人・狂信者は人狼においてもっとも難しい役職だと思っています。
人狼側を勝利に導けるように説得力ある嘘をついていきましょう!

人狼ゲームにおける人狼の役割と動き方について今日は書きます。
毎夜人間を襲撃していき、人間の数が人狼以下になると人狼の勝ちです。
「以下」のため、人間と人狼が同数でも人狼側の勝ちになります。

・占いCOする?潜伏する?
まず初日で一番悩むのは占いCOするかどうかでしょう。
確実に言えるのは、狂人が占いCOしない場合は人狼が占いCOするべきだということです。
狂人が占いCOして占い師が二人の場合、人狼はとりあえず潜伏していいでしょう。
占い師が一人という状況だけは避けなければなりません。

・どっちが本当の占い師?
人狼から見て、二人占い師がいる場合はどっちが味方の狂人でどっちが真占い師か判別はつくのでしょうか?
狂人は「人狼に対して白を出した占い師」「人狼以外へ黒を出した占い師」になります。
それと違う方が真占い師です。真占い師が分かってもすぐに噛んでしまうと占い結果から人狼が怪しまれるので、いつ真占い師を噛むか悩みどころですね。
先に狂人から噛んだり、初日から適当に噛むなどの荒業も一応あります。

・PPして市民を無理やり制圧する
PPとはパワープレイの略です。
この記事の最初で、「
人間の数が人狼以下になると人狼の勝ち」と書きましたが、人間が人狼より多くても勝てるケースがあります。
例えば、生存者5人の場合、村村狂狼狼だとしましょう。
この状況で狂人が狂人COします。すると狼から市民が二人なのが分かります。
ここで狼側もCOします
処刑対象は多数決で決まるため、村側の誰かを指定し、狼狼狂の3票を市民側へいれることで勝てます。

これは偶数の村村狂狼の場合でもぎりぎり成り立ちます。
人狼の貴方が処刑寸前になった場合、「狂人COしてください!」とCOを促します。
狂人がCOしてきた場合、村の誰かを指定して人狼と狂人の二票を投じます。
この場合、あなたに二票入っていてもランダム処刑となり、50%の確率で勝てます。
こういったランダム要素のあるPPをRPPと呼ぶことがあります。

皆さんこんにちは!
今日は人狼における市民の役割と仕事を紹介します。

市民は市民陣営における平社員ですが、ある種人狼の主役として推理をおこなっていくポジションです。
間違っても「市民なので人柱します」なんて利敵行為しないでください!
人狼ジャッジメント内においてこのような「人柱」の流れがありますが、完全に誤った情報です。


・誰が人狼か積極的に推理していく
市民の一番の仕事がこれです。
多弁気味に狼にとって脅威となるよう推理をしていきましょう。
狼があなたを脅威だと認識すれば、あなたを噛みにくるはずです。
それによって狩人が噛まれることを防ぐことができます。
特に「饒舌な人狼」がいる場合はキーワードとなるような単語を喋っている人間がいないか?などを注意深く見ていきましょう。

・場を動かしていく
積極的に場を動かしていきましょう。
寡黙な人間がいれば指摘し、矛盾した発言があれば真意を問いただします。
誰がグレーで、誰が白確定か常に把握し、場をまとめていきましょう。
それで人狼から襲われればしめたものです。

・人柱は基本的にしない!
上でも書いていますが、市民にとって一番やってはいけないことは「人柱」です。
狼を吊るせる可能性がなくなります。
役職者吊ったらどうするの?と言ってくる人がいますが、そもそも吊られるような役職者は無能です。
吊り指定されたらCOして別に変えて終わりです。

スタンダードな9人の編成では二回吊って生存者が5人になると、狂人も人狼も吊れてない場合は負けになります。
人柱がいる場合、二回目で白に黒だしするだけで人狼側の勝利となり、このように人柱がいる場合ほぼ勝てません。

以上、市民の役割についてでした。


↑このページのトップヘ