怪盗は初日の夜に一度だけ一人から役職を盗むことができます。
盗まれた人物はその瞬間から市民となりますが、盗まれたことに気づくのは翌日の夜で、若干のタイムラグがあります。

・基本的には盗んだ役職の動きをする
人狼を盗んだ場合は人狼になり、妖狐を盗んだ場合は妖狐になります。
また、人外が誰かを知っている人間から盗むと、その人物は死亡します。
(人狼の正体を知っている狂信者など、盗まれて市民になったらゲームが成り立たない役職)

・占いを盗んだ場合は怪盗COする
占いを盗んだ場合はCOしましょう。
翌日に盗まれた元占いが「盗まれた」と証言することで、あなたが真占いであることが確定します。

・あなたは誰が市民か知っている
あなたが盗んだ対象は市民陣営であることが分かります。
このため、終盤で二人とも生き残っていれば怪盗COして「〇〇から盗んだが、〇〇の役職は〇〇で市民だった」と証言し、確定白を二人作り出せます。

・人外から盗んだ場合
盗んだ対象は死亡しますが、元々市民陣営だった怪盗が別陣営になるため、市民陣営が不利になったと言えます。


以上、怪盗についてでした。
市民陣営から盗むか人外から盗むかで立ち回りが大きく変わります。
スポンサードリンク