女王は市民陣営の役職です。
他の市民陣営は女王が誰なのか知ることが出来ます。
人狼ジャッジメントでは画面下の参加者リストで顔グラフィックの下に女王の文字が表示されます。
人狼陣営や妖狐陣営は女王が誰なのか分かりません。
そのため、女王に「人狼では?」と言った疑いをかけるとすぐに人外であることがばれてしまいます。
また、女王の最大の特徴として、女王が死ぬと市民陣営が敗北します。
狩人などの守れる役職は女王の護衛をしていきましょう。

・女王COはしない方が良い
攪乱が目的であっても、基本的に女王COはしない方が良いでしょう。
大体は攪乱のためのCOだと思われて終わりますが、「なんで女王COしちゃったの?初心者?」などの発言が味方から出てくると真の女王であると知られてしまいます。

・占いCOは有効?
意外と大丈夫なのが占いCOです。
市民陣営はあなたの占いが偽であることを知っているため占い結果に頼ることはなく、狩人が護衛してても不自然ではないため、女王だとばれづらいポジションにあります。
とはいえ、占い結果が破綻した後など、それでいて吊られないとかなり怪しくなります。
その場合は狂人を演じて噛まれないようにしましょう。
また、人外の数と役職COの数が合わない場合、女王が役職COしていることが人狼にばれてしまいます。
女王で占いCOする場合、狂人が二人いる部屋などにしましょう。

・潜伏
女王の王道といえば潜伏です。
通常のプレイとは違い、寡黙などの吊られやすい行為をすることで「寡黙な〇〇(女王)を吊ろう」などの発言を引き出し、人外をあぶり出すことができます。
また、確定白として市民からは信頼されているため、自分の推理を通しやすい立場にあります。

・狩人CO
荒業ですが終盤に狩人が生きていることが判明したら狩人COするのも一つの手です。
次に人狼は女王を狙ってきますが、狩人が生きていればあなたを守ってくれるため確実に狩人GJを発生させることが出来ます。
狩人GJが起きるだけで大幅な有利になる局面では重要なCOのため、覚えておきましょう。

・狂人CO
「PPしたいから人狼COしてほしい」などと呼びかけることで、人狼をあぶりだします。
使用出来る状況は非常に僅かで、以下の条件が重なっていないと難しいです。

  1. 本物の狂人がおそらく死んでいる
  2. 他に女王候補の市民陣営がいて狂人COが破綻していない
  3. 処刑後、投票数で狂人COが嘘だったことが分かるため、狩人が生きているor処刑でゲームが終了する状況


以上、女王についてでした。

基本的には潜伏で良いと思います。

慣れてきたら役職COなどをするのも面白いでしょう。

スポンサードリンク