市長は市民陣営の役職です。
処刑の投票時、二票分の投票が出来る能力を持っています。
一見すると非常に地味な能力ですが、基本的に市民の上位互換として働けます。

市長が死んだタイミングが分かりやすい
毎日の投票数は市長が生きている場合生存者+1となります。
市長が死んだ日からは投票数が生存者と同数になるため、昨日死んだ人に市長が含まれていたことが分かります。
この特性から、市長は騙りがしづらい役職です。

・グレラン、PPに対して強い
時間切れでグレランになった場合、市長が生きていれば人狼の集団投票に対抗しやすくなります。
また、市長が生きている限り人狼のPP難易度が一人分上がります。

・市長COはするべき?
基本的に序盤はする必要がありません。
確定白として司会が必要な場合は市長COしても構いませんが、パン屋や双子などの適職が設定されている部屋の方が多いと思われます。
終盤では市長COすることで確定白として振る舞えます。

以上、市長についてでした。
地味ながら市長がいることで確実に市民陣営が有利になります。
部屋の設定などで市民をもう少し有利にしたい場合は市長を追加するなど、部屋作りのバランス調整で使いやすい役職だと思います。
スポンサードリンク