人狼ジャッジメント攻略ブログ

人狼ジャッジメントに準じたルールでの人狼の攻略方法を書いていきます

赤ずきんは市民陣営の役職です。
人狼に襲撃された後、人狼が死亡した場合に復活することが出来ます。
そのため、襲撃を恐れない立ち回りが可能です。

・序盤は赤ずきんCOしない
赤ずきんは特にCOの必要がありません。
人狼に襲撃対象になるように意識しましょう。

・人狼が残り1人になったらCOして良い
人狼が残り1人になった時点で赤ずきんの能力は今後発動しなくなります。
もし、まだ占われていないグレーの位置にいるなら霊能が黒を出した時点で赤ずきんCOしても良いです。

・蘇る人狼がいる部屋の赤ずきん
蘇る人狼は赤ずきんのように復活する能力を持った役職です。
そのため、蘇る人狼がいる部屋では復活したのがどちらなのか分からず混乱することがあります。
また、蘇る人狼が「仮死」能力で死んだ場合、赤ずきんの復活は起きません。
蘇る人狼は赤ずきんCOしてくる確率が高いため、動向に注意しましょう。

以上、赤ずきんについてでした。
蘇る人狼がいる部屋では複雑さが増えるため気を付けてください。

猫又は市民陣営の役職です。
人狼に襲撃されると、人狼を一人道連れにすることが出来ます。
また、処刑された場合はランダムで生存者から一人を道連れにします(人狼や妖狐も道連れ対象です)
このため、人狼に襲撃されるような立ち回りが有効です。

・基本的に序盤はCOしない
猫又はCOすると人狼から襲撃されなくなります。
そのため、基本的にはCOする必要はありません。
COするにしても終盤でしょう。

・鋭い推理をする
人狼から脅威と思われる立ち回りがベストです。
そのため積極的に人狼を推理していきましょう。

・処刑されそうな場合はCO
どうしても吊るされてしまいそうな場合は猫又COしましょう。
猫又が市民を道連れにしてしまった場合、人狼の襲撃と合わせて一夜で3人が死亡します。
大きく状況が変わってしまうため、黙って死なないようにしましょう。

・どうしても処刑される場合は後回しにしてもらう
猫又COが二人いる場合など、猫又かもしれない人間を吊るさなければならない場面がでてきます。
こういった場面では、なるべく処刑を後回しにしてもらいましょう。
猫又が人狼を道連れに出来る確率は基本的に人数が少ないほど高いため、少しでも後に処刑された方が市民にとって有利なのです。


以上、猫又についてでした。

殉教者は他陣営から独立した役職です。
自分が死亡した場合のみ勝利となり、他の陣営の勝利条件は一切関係ありません。
てるてる・ぶた男の上位互換で、コウモリ男と正反対といえるでしょう。

・処刑されるように振る舞う
最も簡単なのは処刑されるための振る舞いです。
例えば、占いCOしてすぐに黒出しし、霊能者から偽占い認定を受けるなどがそれにあたります。
霊能COなどでロラを誘発させるのも手です。
とはいえ、殉教者がいる部屋では「殉教者では?」と疑われる可能性もあります。
殉教者の可能性が濃厚となると、市民からも人狼からも無視されて死亡しづらくなります。

・人狼に襲撃されるように振る舞う
こちらは市民側として積極的に立ち回ることで人狼からの襲撃を期待するやり方です。
「殉教者では?」と疑われるリスクは少ないですが、人狼頼みのために安定しません。

・立ち回りを途中で変えていく
序盤からすぐに吊られるように動くといかにも殉教者っぽくなりますが、中盤以降で怪しい動きをした場合は以外とそうでもありません。
最初は人狼に襲撃されることを待ち、途中から狩人COや霊能COをするなど、死亡しやすくなる動きをするのも手です。
特に、他のプレイヤーに対して殉教者疑惑がかかっていると動きやすくなります。
他の怪しいプレイヤーには積極的に「殉教者では?」と疑惑をかけていきましょう。

以上、殉教者についてでした。

コウモリ男は市民・人狼・妖狐のどの陣営にも属さない役職です。
他の陣営と関係なく、自身が最後まで生存している場合に勝利となります。


・役職COは基本的にしない
特にCOをする必要はありません。
コウモリ男であることは終盤にCOしても構いませんが、場合によってはコウモリを騙った人狼と思われて吊られることもあります。
状況によっては狂人COも有効ですが、序盤は少なくともCOの必要はありません。

・対抗COはしない
人狼がコウモリ男COした場合、どうするべきでしょうか?
答えは無視です。
あなたが対抗してコウモリCOした場合、ほぼ高確率で両方吊るされます。
あなたが吊るされそうな場合のみ、実は俺が本当のコウモリで、既にコウモリCOしてる奴は偽物だと主張しましょう。

・とにかく生き残る
生き残ることのみが目的の役職です。とにかく生き残りましょう。
とはいえ、基本的にはゲームが早く終わった方が有利な役職です。
人狼が残り一人なら市民側に積極的に協力しましょう。

・場合によっては人狼にすり寄る
特殊な状況ではコウモリCOした上で人狼と共闘するのが有効な場合があります。
例えば、残り5人で人狼が2人いる場合、あなたがコウモリCOして人狼にPPを持ちかけたなら、人狼の勝利で終わります。
人狼からすればあなたを襲撃しても勝てますが、わざわざ協力してくれたお礼として見逃してくれる可能性もあります。
とはいえ、これは人狼側の良心に頼った作戦でもあるため、不確実であることには注意しましょう。

以上、コウモリ男についてでした。

ぶた男は市民・人狼・妖狐の勝利に関係なく、自身が人狼に襲撃されることで勝利となります。
そのため、人狼に襲撃されることだけを目的に行動しましょう。

・市民に味方する
ぶた男はどの陣営にも属しませんが、基本的には市民に味方するような動きをするとやりやすいです。
具体的には潜伏した狩人であるかのように振る舞うべきです。
ぶた男が最も意識するべきことは、自分が吊るされないことです。
寡黙吊りされないようにある程度喋り、可能なら人狼を推理していき、人狼から脅威対象として噛まれるのが理想です。

・占いから白をもらう
占いから白を貰うと次のような利点があります。
  1. 吊るされなくなる
  2. 襲撃されやすくなる

どちらも、ぶた男からすると非常に好ましい利点です。

占い師がどういった人物を占ったのか確認し、占いの傾向を把握していきましょう。

例えば、多弁気味な人から占っているようなら、自身も多弁気味で話していきましょう。


・役職COは基本的にしないが、吊るされそうなら狩人CO

役職COは基本的にやめましょう。

吊るされる対象として確定しそうな場合のみ、COして良いと思われます。

基本的には優先的に襲撃される狩人COが望ましいです。

本物が対抗COしてきた場合も、人狼からするとあなたが狂人なのかぶた男なのか本物なのかの判断もつきません。

本物の狩人が対抗COせず潜伏した場合、あなたが本物の狩人と思われて襲撃されます。



以上、ぶた男についてでした。

吊るされないことが第一なので、とにかく寡黙吊りには気を付けましょう

人狼はコミュニケーションを中心に進んでいくゲームです。
会話をし、人狼を推理し、誰を吊るべきか考えていきます。
その中で、吊られやすい言動とはどういったものでしょうか?

・無口な人間
人狼で最も吊られやすいのは無口な人間です。
市民側に有利な情報をもたらさず、思考内容が不明瞭なため、他に怪しい人間がいなければ高確率で吊られます。

・初心者
かわいそうなことですが、初心者をカミングアウトした場合も吊られやすい傾向にあります。
初心者騙りかどうか周りからは見分けがつかず、初心者が最後まで生き残っても人狼に対抗出来ない可能性が高いためです。
もしあなたが初心者だとしても、けっして初心者であると告げてはいけません。
あなたが市民でも人狼でも、あなたが吊られることによって陣営が不利になるからです。

・複数COされた役職
占い師が複数いる場合など、全員を吊るすことがあります。
疑わしきは罰するの精神です。
特定役職全員を吊るすことをローラー(略:ロラ)といいます。
特に占いより重要性が低い霊能者などはローラーされやすいです。

・多数決で少数派になった時
大勢と意見が食い違った少数派も吊るされることが多いです。
人狼ジャッジメントでよく見るのは、人柱関係と霊能COのタイミングについてです。
初日に霊能COを提案した結果、「怪しいぞ」と言われて吊るされてる人をたまに見ます。
狩人などの重要な役職の場合、人柱や霊能COについての意見は避けた方が良いかもしれません。
(個人的には誤った認識の人が多数派なのが怖いですが・・・)


以上、吊るされやすい人間についてでした。
吊るされないことを第一に考えるならば、そこそこの量を発言し、ある程度場の意見に流されるのが安全と言えます。
とはいえ、人狼に有利な話の流れになったらやんわりと反論していきましょう。
以上、吊るされやすい人間についてでした。

子狐は妖狐陣営の役職です。
妖狐と以下の三点が異なります。
  1. 占われても死なない(呪殺がない)
  2. 人狼に襲撃されると死亡する
  3. 毎晩他者を占い、50%の確率で人狼かどうかを知ることが出来る
それ以外の点は妖狐と同じで、他の陣営が勝利した時に子狐が生き残っていれば、妖狐陣営全体の勝利となります。
また、子狐が死んでいて妖狐が生きている場合も妖狐陣営の勝利です。
背徳者がいるルールの場合、妖狐が死んでも子狐が生き残っていれば背徳者は死にません。

・役職COするべきか?
子狐は50%の確率で占うことが出来るため、占いCOして真占いのように振る舞える可能性があります。
ただし、人狼に噛まれると死んでしまうため、真占いのように振る舞うと噛まれるリスクがあります。
狂人占いのように振る舞うと人狼からの襲撃を避けやすくなりますが、今度は吊られる危険性が出てきます。
では潜伏するべきでしょうか?
潜伏した場合、占い師からは白が出るため、市民のように振る舞えます。
ですが、確定白が出た場合は噛まれやすくもなるため、これも一長一短です。占い先として選ばれなければグレー吊りの対象にもなってきます。非常に悩ましいところです。

・狂人、狂信者の数など、部屋の役職設定を確認する
COするべきか考える前に、まずはその部屋の役職設定を確認しましょう。
例えば、狂人1、人狼2の部屋で占いCOし、占い師が3人出た場合を想定してみてください。
この場面で占い師が狂人だった場合、人狼からは妖狐陣営の誰かが占いCOしているのが分かってしまいます。
このケースでは人狼は占い師を襲撃することによって、真占いか狐を66%の確率で噛めることになります。
つまり、狂人1の場合の占いCOは噛まれるリスクが高めと言えます。
また、市民からしても占いの内訳は真・狂・狼もしくは真・狂・狐のどちらかだと判断され、狐か狼が必ず釣れる占いロラを選択されやすいです。
真占いがロラで吊られることによって妖狐が呪殺されなくなるメリットもあるため、子狐と妖狐のどちらを優先するべきか部屋の設定をみて考えてみましょう。
狂人1人設定での占いCOは何かと子狐が死亡するリスクが増えるため、自分の生存より仲間の妖狐をフォローするプレイといえるでしょう。
もし占いCOする場合は仲間への援護を中心に立ち回りましょう。


これが狂人1、狂信者1、人狼2の部屋だとどうでしょうか?
占い師が3人出た場合、人狼からすれば真占い・狂人・狂信の組み合わせなのか、真占い・狂・狐の組み合わせなのか判断がつきません。
この状況では人狼は占いを襲撃しづらいといえます。また、市民からしても次のパターンの内、どれなのか全く予想がつきません。
  1. 真占い・狂人・狂信
  2. 真占い・狂・人狼
  3. 真占い・狂・狐
  4. 真占い・人狼・狐
先ほどの狂人1人設定の時と違い、占いロラをしても人狼も狐も吊れない可能性があるのが分かります。
3日使って人狼も狐も吊れなければ絶望的になると考え、占いロラを躊躇する可能性が狂人1人の部屋よりあがります
襲撃リスクも吊りリスクも下がるため、狂人1人の部屋より占いCOのメリットは大きいと考えることが出来ます。

・背徳者がいる部屋
妖狐陣営に背徳者がいる場合、更によく考える必要があります。
背徳者は狐陣営が全滅すると後追いする性質上、潜伏するメリットは少ないです。
そのため、背徳者が占いCOする可能性が高めです。
もし、背徳者が占いCOした状態で子狐と狂人まで占いCOすると占い4人となり、ほぼ高確率で占いロラされ、妖狐陣営は二人も失うことになります。
背徳者がいる部屋ではすぐに占いCOはせず、占いが2人しか出てきそうにない場合だけ占いCOしましょう。あるいは、最初から潜伏を決め込むのも手です。

以上、子狐についてでした。
子狐は役職設定が多い部屋で登場する傾向にあるため、他の役職設定をよく見てどう立ち回るか考える必要があります。分かりやすい正解のない役職のため上級者向けです。
様々な可能性を考慮し、妖狐陣営を勝利へと導きましょう。

↑このページのトップヘ